2011.08.06

枕草子。

今、授業外の個人的な研究課題として、『枕草子』を扱っています。

紫式部が書いたという『源氏物語』にくらべ、さばさばとした語り口の清少納言『枕草子』に昔からどことなく惹かれるものがあって、好きなものを研究していいとなった時に、ほかの理由を色々とこじつけてこれを選びました。

現在は『枕草子』内のある数語の使われ方を分析して、どのような使われ方、評価基準なのかということを探っています。
清少納言や彼女が属した社会の言語感覚ってどんなものかしら、という感じでしょうか。

地味な作業なうえ、大風呂敷を広げ過ぎて着地点が見えてきてないのですが…
9月初旬の学科合宿で発表する、というのが元々の動機なので、何とか形をつけて一部だけでも見解を示さねば…!!

この夏は、分析・考察を繰り返す地味~な図書館通いを予定してます(笑

で、夏休み初日の昨日、大学の最寄駅の近くで古本市をやっていまして、
何の気なしに覗いてみたら、岩波書店の新古典文学大系が大量にあるのを発見。
『枕草子』も1000円でしたので、つい買ってしまいました。

2011080615320000

今、新品を定価で買うと5040円なのです。
さすがに手が出ないなぁと思っていたところに!
日頃の節約精神はどこへやら。
ケースはやや黄ばんでますけど、中は新品そのものです。
(売上表まで挿んである、初版もの)

角川文庫版の『枕草子』も愛用していますが、自宅に居ながら二つのテキストを見比べられるのは大きいです。
古典は、多くが写本で残っていて、写し間違いや改変が起こっていることが大半なので、テキストによって若干異なるのです。
もとにしている写本の違いとかいろいろで…。
どれが一番原型に近いか、なんて研究分野もあるくらい。

なので、大学に行かなくても二種類あるのは嬉しいのです。

古本市も覗いてみるものだなぁ…と思った昼下がりでした。

2011.01.22

好奇心

私の通う学部は教養:専門で1:3制を取っています。一応。

専門に進んだのは去年の4月。
それから早8ヶ月以上、年明けにやっと、初めて教授の研究室を訪ねました。
お招きを受けたうえで、友人にくっついて。
いえ、人見知りなので、なかなか行く勇気が出ず、ずっと行けていなかったのです。
学科の友人が出来始めたのも最近の話。
やっと来れた…!!という感じです。(感無量

初めて行ったのが先週で、今週も行ってきました。
行っても、何をするでもなく、ただ卒論どうしようかなぁ、などと考えながら雑談するだけなのですが。
机の上に写本の複製や文学関係の資料が出てくるところは、一応専門的?
藤原定家の写本の複製に一気にテンションが上がる私。
定家様(彼の筆跡)は丸文字のような可愛らしさがあって、好きだったりします。

話を聞いていると、卒論は2年かけて書きたい、大学院に行きたい、等と思い始めてしまいます。
卒論は2年かけて書くつもりですが、大学院は…たぶんないです。
勉強以外の要素を考えると、4年で完全燃焼を目指した方がよさそうなので。
自立したいし、日本文学以外の事も知りたい。

それでも、教授や志高い友人の話を聞いていると、
後2年で終わりなんて、短すぎる!もっと勉強していたい!
と好奇心や研究熱が沸々とわきあがります。
刺激されるのはいいことです。うん。

何を研究しようかな、何を目指そうかなと考えるのは楽しいです。
私は結局、学ぶことが大好きなんでしょうね。がり勉じゃなくて。
まだ知らないことを知りたい、見たい、体験したい。
広く、深く、色んな事を。色んな視点を。

同じであり続けること、維持することも大事だけど、
全く変化なしであり続けるのは性に合わないようで。
旅行が好き、読書が好き、音楽が好き、というのも根っこはその発想でしょう。
変化が欲しい!

人見知りや色々な理由で今年度はやや受け身だったけれど、
来年度は積極的に学んで、「次は何をしたいか?」を考えねば。
就職に惑わされて、大学に入った目的をおろそかにしないようにしたいです。

…とりあえず、レポートを書いて、半年間学んだ成果を無駄にしないようにせねば。
初めと終わりを書くのが苦手なんですよね…。

続きはコメントレスloveletter

続きを読む "好奇心" »