« 万葉の湯。 | トップページ | 吊り橋わたれ »

2012.08.25

東京ドラマポケットvol. 3「全体演劇 わがジャンヌ わがお七」

久しぶりに、観劇してきました。happy01

東京ドラマポケットの
「全体演劇 わがジャンヌ わがお七」
@両国駅 シアターX

undefined

母校の関係者が多数関わっていまして。
演者Tさんの宣伝を受けて行ってきました^^

劇、ダンス、音楽、人形、舞台
すべてが繋がって、絡み合って創られる雰囲気に魅了され、また一方で自分と向き合いたくなる二時間半。
長さを感じなかったです。

よく知られた人の話です。
フランスのジャンヌ・ダルクと、江戸のお七。
どちらも火焙りの刑に処せられた、少女と女性の間にいた二人の話です。
共に、自らの大切なもののために行動する、それを両親や周囲の人たちの動きで描く。
そんな舞台です。

話題の中心が、出ては来るけど、演者としては出てこない。
彼女たちの心情がどんなものか、直接は語られない。
本当のところはどうかわからないけれど、周囲から見た彼女たちの一途な生き様が見えてきます。

ちょうど、劇を見る前に読んでいた本に、昔の日本は、文字通り「命を懸けて」恋をしたのだとありました。
お七の無鉄砲ながら、貫いた愛は、それなんだろうか。
ジャンヌのその信仰心も、やはり、命を懸けてのものだったのか。

生きている証というのは、命を懸けるほどのものなのかな。

ふと、私は?と考えてみたくなります。
それでいて、その問いはあの舞台の宙に浮かせたままでいたい気もします。
そんな不思議な感覚。

暗転多めでふっと暗くなる、タイムスリップする瞬間が多かったからかしら。

音楽はエレクトーンの生演奏、というのはライブ感を増してていいな、と思いました。
千秋楽だと、最後の場面は鬼気迫るものがあるのかしら。
初回ほど固くなく、落ち着いた中日でした。
いや、そんなに演劇は詳しくないですけど(^^;

演劇か、ダンスか、少しでもかじってたら、また感じたことが増えたり違ったりしたかも。
ちょっと悔しいような、羨ましいような。

なんにせよ、知り合いがキラキラと活躍しているのを見るのは楽しいです(*^^*)
そういう場に行けたこと、観客としてその場に参加できたことを嬉しく思います。

また、何か機会があれば行きたいなー劇。

個人的には、終わったあとに演者と会えるのが、余韻を楽しめて面白い時間でした。

関係者の方々、お疲れさまでした!

« 万葉の湯。 | トップページ | 吊り橋わたれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 万葉の湯。 | トップページ | 吊り橋わたれ »