« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012.08.25

東京ドラマポケットvol. 3「全体演劇 わがジャンヌ わがお七」

久しぶりに、観劇してきました。happy01

東京ドラマポケットの
「全体演劇 わがジャンヌ わがお七」
@両国駅 シアターX

undefined

母校の関係者が多数関わっていまして。
演者Tさんの宣伝を受けて行ってきました^^

劇、ダンス、音楽、人形、舞台
すべてが繋がって、絡み合って創られる雰囲気に魅了され、また一方で自分と向き合いたくなる二時間半。
長さを感じなかったです。

よく知られた人の話です。
フランスのジャンヌ・ダルクと、江戸のお七。
どちらも火焙りの刑に処せられた、少女と女性の間にいた二人の話です。
共に、自らの大切なもののために行動する、それを両親や周囲の人たちの動きで描く。
そんな舞台です。

話題の中心が、出ては来るけど、演者としては出てこない。
彼女たちの心情がどんなものか、直接は語られない。
本当のところはどうかわからないけれど、周囲から見た彼女たちの一途な生き様が見えてきます。

ちょうど、劇を見る前に読んでいた本に、昔の日本は、文字通り「命を懸けて」恋をしたのだとありました。
お七の無鉄砲ながら、貫いた愛は、それなんだろうか。
ジャンヌのその信仰心も、やはり、命を懸けてのものだったのか。

生きている証というのは、命を懸けるほどのものなのかな。

ふと、私は?と考えてみたくなります。
それでいて、その問いはあの舞台の宙に浮かせたままでいたい気もします。
そんな不思議な感覚。

暗転多めでふっと暗くなる、タイムスリップする瞬間が多かったからかしら。

音楽はエレクトーンの生演奏、というのはライブ感を増してていいな、と思いました。
千秋楽だと、最後の場面は鬼気迫るものがあるのかしら。
初回ほど固くなく、落ち着いた中日でした。
いや、そんなに演劇は詳しくないですけど(^^;

演劇か、ダンスか、少しでもかじってたら、また感じたことが増えたり違ったりしたかも。
ちょっと悔しいような、羨ましいような。

なんにせよ、知り合いがキラキラと活躍しているのを見るのは楽しいです(*^^*)
そういう場に行けたこと、観客としてその場に参加できたことを嬉しく思います。

また、何か機会があれば行きたいなー劇。

個人的には、終わったあとに演者と会えるのが、余韻を楽しめて面白い時間でした。

関係者の方々、お疲れさまでした!

万葉の湯。

残暑厳しいお盆の終わり頃、
10年来の友人二人と万葉の湯みなとみらい店に行ってきました!

箱根のゆねっさんにはだいぶ前に行った事があるけれど、万葉の湯は初めて。
どんな一日になるのかわくわくしながら、とりあえず、

Dsc_0287
腹ごしらえ。←
ワールドポーターズにある鯛パフェをば。
これは鯛ソフトだけれど。
鯛焼きがアイス食べてる、のを食べる、というインパクト大。これで300~350円くらい。
危険なのは、鯛焼きが熱いので、アイスがすぐ溶けるところ。
鯛焼きはアイスが乗るように厚みがあり、生地はかりふわの中身は粒あん。

ダイエットの話をしながら、これを食べます。えぇ、食べました。

その後、万葉の湯で、合い言葉を言うとかき氷をもらえるといううのをめざとく見つけた友人sにつられ、それも…。マンゴーかき氷、ただでいただいたのに豪華でした!

と、ダイエットなってないじゃん感がありますが、その分は流れたんじゃないかと言うくらい居座ります。

まず大浴場。
湯河原やら熱海やらの温泉をしようして、寝湯やら檜風呂やら石風呂やら露天風呂やら。

サウナが三種類。
私は燃えてる…!と感じる(しかし傷にはしみる)塩サウナが好きです。
他のお客さんと一番話したし、一期一会も楽しかったです。

一通り制覇して、一休みして、岩盤浴!!
これは四部屋、八種類だったかの石があります。あ、岩?
六種類ほど、制覇。
一時混んで、空きを待ちましたが、その間も水の飲み比べをしてました。
軟水は飲みやすいけど、硬水も捨てがたい…。
コントレックスまでは、勘弁ですが。笑
比べてみると30くらいの数値差でも、違いを感じました。水なのに、味じゃない何かを感じるんですね。味覚って繊細。
ちなみに、飲んだ量以上に汗をかき、岩盤浴用の衣の色が変わりました。笑

温泉やサウナを回ってると少し疲れたのですが、岩盤浴は一時間半、休み休みいても疲れず、逆にすっきり!
これいい!と三人で盛り上がりました。

結局休んだりご飯食べたりで7時間滞在。
サウナや岩盤浴、休憩中の寝落ち(笑)以外は話していたので、心もすっきり。
もちろん、身体も、痩せたかどうかは別として、リフレッシュしたので、大満足の1日でした。

また、心身のデトックスしに行きたいです(*・∪・*)
気の置けない友人と一緒に!
箱根のゆねっさんでも可!

2012.08.18

夏休み中休み

今日は雷の音で起きました。
各地で豪雨になったり、蒸し暑かったり、台風こそあまり来ないけど、夏ですねぇ。
個人的には、蚊に刺されるとしばらく腫れるので、夏生まれのくせに夏は苦手としています(^^;

バイトと勉強中心の夏休み、
バイトの方はそろそろ研修が終わりそうです。
勉強は、なかなか量をこなせず遅れぎみで、月末の合宿までに帳尻を合わせねば…!!と焦りを感じています。
20分ほど発表しろとのこと。ひゃぁ。

と、まぁ学生らしい夏休みを送っていますが、今週、来週は土曜にお楽しみを詰め込みましたヽ(・∀・)ノsun

今日は万葉の湯!友だち二人と乗り込みます。
来週は観劇と同窓会。
カレンダーに万葉とだけ書いていたら、母に「万葉集の研究会かなにかの集まり」だと思われていました。
誤解のされ方が日本文学科チックですね。えぇ。
スパ施設なんですけどね。えぇ。笑

同窓会で「なんだアイツ相変わらず垢抜けないな」と思われないよう、自分磨きも目論む万葉の湯です。
1日でそんな変わらないだろって突っ込みはなしです。気持ちです。
諦めるな!!(修造さんのような熱さで)

罪悪感抱くくらいのんびりするぞ!

ではではー(*^^*)

2012.08.11

「陽はまた昇る」

蒸し暑い、日本の夏ですねぇ。

気付けば八月も残すところ20日ほどです。
夏休みが、油断しているとあっと言うまに指の隙間からこぼれ落ちて行くようです。

バイトと勉強と読書で終わっていきます。
後半は、同窓会や合宿、旅行が待っているので、なんとか勉強をもっと進めたいところです。
卒論のめどが、全然…立ってません。うわぉ。

そんな中、最近のお気に入り曲。

高橋優さんの「陽はまた昇る」です。
amazonだと、こちら
アマゾンから画像を拝借しますと、

これがCDジャケット。

本日公開の「桐島、部活やめるってよ」の主題歌です。
アルバイト先(映画館)で繰り返し聞いていたら、なんとなく覚えてしまいました。
「桐島~」の予告編は、神木くん演じる映画部が登場するからか、途中で映像が止まったり巻き戻ったりする、働いている側としては「アクシデント!?」と間違えそうになる心臓に悪いものなんですが(笑)この歌はつい、耳を傾けてしまいます。

アコギの前奏から始まり、
「自分だけが置いてけぼりを喰らっているような気がする」
と始まるこの歌。
サビの
「たとえ明日を見失っても 明けぬ夜はないさ」
などなど、

順風満帆ではないけれど、何かに向かってもがいている人に、是非。

ギターの刻むリズムと力強い歌声に、嫌でも前を向かせられるというか、背中を押されて気合いが入るような歌です^^
ここで立ち止まるより、とにかく前へ行こう、と行動に移せそうなそんなエネルギー。

高橋優さんという方、恥ずかしながら初めて知ったのですが、
なかなか良い曲つくる方です。

PVも「桐島、~」とコラボレーションしていて神木くんが出ています。

iTunes Storeで思わず購入。
これをBGMに今日のバイト前、勉強をみっちりしていこうと思います!

映画の方は、様子見てから…。
水曜日に「おおかみこどもの雨と雪」をみたばかりですし!
(おおかみこどもは、クライマックスで涙しました。親子三人それぞれの葛藤が見物です。)

ではでは、
暑さに負けず、暑さを味方に!頑張っていきましょー^^

2012.08.04

夏休みと進路。

美術展の記事から間が空いてしまいました(^^;
パソコンを開くことが減ったからです。
…だって、パソコンを使うと暑いのだもの。
そう言っている場合でもなくなってきましたが。

卒論書くためには、扇風機の風を背に受けながらパソコンや本ににかじりつかねば。

暑さに辟易していた一方で、色々と決まったことがあります。

まずは、アルバイト。
とある映画館で働けることになりました。
なかなか面白い役割で、今のところ楽しんでいます。
合宿費や旅行費を稼ぐのです。後々は学費。
今後公開の映画に詳しくなれるので、よいですね(*^^*)

それと、進路、決まりました。
大学院に行きます。
もう少し、学問してます。
就活も、してよかったと思うけれど、少し遠回りして社会に出たくなりました。
就活だけでも、院進学一本でも、納得いっていなかったと思います。
就活をしてみて、自分と向き合って必死に考えて絶望して、そうして選んだ進路だから、今は納得しています。

自分や世間の偏見やセオリーを一度壊して、まっさらでやってみる時間。
自分の興味関心に答えを見つける時間。
それが必要で、無駄ではないと思います。
私、もともと人より時間がかかるタイプだし。
普段はうまく誤魔化してるけれど(^q^)

さっさと内定いくつも得た就活勝ち組みたいな人に、逃げただけじゃんみたいな目でみられているように感じた時期もあったけど、私の人生だし、勝手にします。


使っていなかったmixiをやめる際、過去の日記を読んでいたら、本音を出せる場所がない、と少し前の私が嘆いていました。(mixiの日記も本音だったのか…わかりませんが笑)
色んなことに気を使って、我慢してた時期が確かにそこに残されていました。
思えばひどい精神状態で就活していたものです(笑

でも今は、気付いたらどこでも自然体に近い私がいます。
だから、今決まったことたちは、私の人生としては間違ってないはず。
一番ストレスが少ない選択が、その時々の最適の選択だと思っています。
就職やその他のことも、また然るべきタイミングでやってくる。私はまだ先だっただけの話。

考えてたものと違う未来がくると戸惑うけど、なんとかなるでしょ、精一杯生きていれば(´`)

と、暑さにだけは抗いながら思う夏休み前半でした。
夏バテ熱中症には気を付けて、今日もバイトの研修ですヽ(・∀・)ノ
いってきまーす!

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »