« 衣替え。 | トップページ | pancakes »

2012.06.25

金平糖とビン。

こんにちは。
今週は、よく喋る1日で一週間が幕開けました。よく笑ったし、幸先よい…のかな?

さて、私が通う大学には研究室がある建物の一室に、所属しているコースの部屋があります。
助教授やTAさん(大学院生)が常駐している部屋です。
資料の閲覧やコースに関わるあれこれの窓口になっています。
去年から少しずつ、コース関連の行事の幹部をしたり研究室に出入りしたりし始めたので、この部屋にもちょくちょくお邪魔するようになりました。

最初は、おそるおそる、さっと来てさっと帰っていたのですけど、
慣れって恐ろしいですね、
今じゃ、お昼を食べ、勉強で数時間居座るようになりました。←

この前は、くずし字(昔の筆文字や近代以降の手書き文字など)が読めないと訪ねてきた学部生に、さもTAのように対応していたり…。
正体は。ただの居座り学部生です。笑

今日もお昼を持ち込み、勉強をしていたのですが、たまたま通りがかった教授からコーヒーを分けていただきましたcafe
「え、先生、それ飲まないんですか?欲しいです!」
と言えるほど馴染んでいます。直接教わっているわけでもないのに(笑
昨日焙煎したというコーヒー豆だからか、とても香りがよくて、美味しかったですhappy01
苦みが驚くほどなかったので、ブラック苦手さんにもおすすめしたい!
どこで購入できるのか、今度聞かねば!

で、コーヒーで和んでいたら、金平糖もいただきました。

Img_20120625_230549

小瓶に入って、かわいい!!
こんなにカラフルなのに、振ったら白しか出てこなかったです。残念。

この小瓶、ガラス作家の方の手作りだとかで、あえていびつな形をしています。
まん丸でなかったり、まっすぐでなかったり、左右非対称。
そんな瓶はなかなかお目にかかれないので、金平糖よりも気になってしまいました。
ふたの丸いところは、祖父が持っていたビー玉を思い出します。
手作り感があふれるからでしょうか、どこか懐かしくて、中に入っている金平糖がどきどきする宝物のようでした。
逆さに振って出すところがまた、わくわくしちゃうのです。

お茶をたしなむ先生、ガラスの器も見せてくださいました。
水で点てるのだとか。
写真は撮れなかったけれど、こちらもきれい。

ガラスとか焼き物とか、職人さんが手で作ったものに惹かれやすいなーと思った1日でした。
目利きとはいかなくても、もう少し詳しくなれたらな、と思わずにはいられません。
「これは良い器だ…。この技法は難しいんだよthink
なんて言ってみたいです。いつか。

明日もまた、何か出会えたら良いな。
ではではー

« 衣替え。 | トップページ | pancakes »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 衣替え。 | トップページ | pancakes »