« I MUSICI 2011 | トップページ | 歩く、話す、食べる。 »

2011.10.29

横浜トリエンナーレ 2011

水曜日に行ってきましたトリエンナーレ!

来月六日までだから、あわてて駆け込んできたというところです(笑

本当は八月から行きたかったのに、暑かったり忙しかったりお金がなかったり心に余裕がなかったり…やっと行けたと当日券を買ったところで満足しかかりました。
とはいえ、時間の関係で横浜美術館の方だけ。

テレビ番組などで有名なオノ・ヨーコさんの電話ボックスや、お名前忘れましたが100人分の服をレコードのように巻いた作品がどーんとお出迎え。

普段は企画展や常設展があるスペースに見たり聞いたりできる作品群がたくさん。

てっきり「見る」だけのつもりでいたのですが、
「聞く」「感じる」ものも多くて、視覚と聴覚がフル稼働。
「見る」にしても、そこにあるものを見る、そこにないものを見る、覗き込む、眺める、凝視するなどバリエーションが。
あぁ、「見る」って色々あるんだなぁと思いました。
「聞く」も耳に入ってくるもの、聞こえないけれど聞こえそうなもの、音楽的なもの、話声、耳鳴りのなりそうな無音、うねる音、大きい音、いろいろありました。

artっていまいちよく分からないです。
何を伝えたいのか、何も伝えたくないのか、何を意図しているのか、考えさせることが意図なのか。
胸にずしんと来るような何かはなかったのですが、展示室から展示室へ、作品から作品へ移動するたびに違う感覚を味わって、殺伐とした気分になったり、神妙な気分になったり、いろいろ。

浮き足立ったり、うっとりするようなことがあまりなかったのは、現代アートだからでしょうか?

とりあえず、OUR MAGIC HOUR が垣間見えたのかなとは思います。

現実ではないかな、とりあえず(笑
色んな思いつきが形になって目の前にあるし、次々現れる作品群にちょっぴり混乱して頭の中の何かがマヒした感覚にはなります。

作った人の、見ている私の、頭の中、どうなっているんだか。

よくわかりませんねぇ。

でも、その分からなさが味わえたから良いかな、ということで、満足してきました。
夢の国とはまた違う、現実の中の非現実を見たい方は来週末までみなとみらい周辺でやっております^^

« I MUSICI 2011 | トップページ | 歩く、話す、食べる。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« I MUSICI 2011 | トップページ | 歩く、話す、食べる。 »