« 「聞く」コツ | トップページ | 先のこと。 »

2011.06.10

源氏はたしかに人気者だった件

大学の演習で、『源氏物語』を読んでいます。
最初から2番目の「帚木(ははきぎ)」巻の後半を読んでおります。

割り当てられた箇所の、本文異同や語釈を調べ上げ、解釈し、来週発表です。
本文異同は、約1000年の間に写され刷られてきた「源氏」たちにたくさんのバリエーションがあるので、それぞれどう違っているのか、というやつ。
「人々はみな…」が別の本では「人ひとみな…」になっているのです。

語釈も、鎌倉位から現代にいたるまで相当数の注釈書があるので、そのなかから厳選して、それでも20冊以上の註釈書を参照して、物語中のある文言について意味を解釈します。

もう、どれも資料が膨大なのです。
源氏という人気者(またの名をプレイボーイ)を中心としたお話が、それ自体長いし。
読んできた人も多かったから、その分色んな解釈があって、研究もされてきていて、それでもよく分からない部分も多い。

どんなものでも、物語を完璧に理解するなんて、書いた当人だって難しい話だと思っていますが、山のような注釈書を前に、作品『源氏』も人気者ねぇ、と思わずにいられません。

1000年後の私が読めるっていうのも、すごい。
よく分かってないけれど。

しかし、土日でどうにかなるのかしら。
範囲は狭いのに、よく分からないこと多すぎます。『源氏』いと手強し。

以下、コメレスです^^

> meimei

待受画面にしてくれてるとは…!
気に入っていただけたようで感激至極ですconfident
私も実は、待ち受けにしてます(笑

薔薇は秋にも咲くから、10月~11月くらいに是非!!
あちこちに名所はあるみたいだし^^

« 「聞く」コツ | トップページ | 先のこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「聞く」コツ | トップページ | 先のこと。 »