« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.30

薔薇とパスタとパフェと。

昨日の写真、忘れぬ内にとPCに取り込んだので、その勢いでアップします^^

あまり上手くはありませんが、気になる方は続きからどうぞhappy01

続きを読む "薔薇とパスタとパフェと。" »

2011.05.29

雨の日。

梅雨入りしましたね。
今日は台風が近付く中、駒込の旧古河庭園や池袋の西武池袋を訪ねていました。

旧古河庭園はバラが見ごろで、大輪の花が色とりどりに咲き誇っていました。
雨に打たれていくらか萎れているものもありましたが、水滴が付いた花弁はキラキラしていて、雨の日か、雨上がりにしか見られないだけに、得した気分です。
あまり上手くは撮れませんでしたが、一応写真も撮ったので、そのうちご紹介します^^

手のひらに乗りそうなくらい大きな花、と一緒に行った人が言ったのですが、なるほど、バラに対して使うとその表現は小さいではなくて大きいという意味になるのだなぁ、なんてしみじみと面白く思いました。
確かに、私の手のひらと同じくらいの大きなバラがたくさんありました。
咲き始めは、ごく普通の、お花屋さんで一輪150円ちょっとくらいで売っていそうなバラと同じくらいの大きさなのですが、満開になると数倍の大きさに。
種類によっては、咲き始めから段々と色が移り変わっていくものもあって、目を楽しませてくれました。

旧古河庭園、紅葉する木々も多かったので、秋、11月頃もきれいかと思います。
バラ園やその景色を一望できる洋館は、観光客や結婚式で賑わっていましたが、木々が多い池の方は(なかなか大きな池があるのです)静かで、雨が木々の葉や水面に落ちる音がよく聞こえました。
大木、老木も多くて、由緒ある神社を訪ねた気分。

その後、雨が強まったので池袋に移動しましたが、こちらは人も多く(雨なので、普段よりは少ないのでしょうが)どうしても空気が悪いので、帰り際に頭痛薬に頼ることに。
こもった空気や空調が苦手のようで、梅雨の時期は頭痛に悩まされる日が増えるのが困りものです。
歩いて、雨露に濡れる草花を見るのとか、雨上がりの濃い緑のにおいを嗅ぐのは好きなのですけど…好きなものだけとはいかないものです。
苦手なものとうまく折り合いをつけられるようになるのが、ある意味で大人になる、ということなのかも。子どもは真正面から衝突するか、避けるかだと思うので。
頭痛薬がないとこれからが不安な私はまだまだです。今年はバファリンを買い足さなくて済むくらいの頭痛で済めばいいな。

2011.05.25

外堀から埋まる

何かを始めよう、という時、外見から入る人っていますよね?
道具をそろえてみたり、格好を決めてみたり。

私も、どちらかというとそういうタイプだと思います。
昔、ほんの少しの間やっていたミニバスでは、とりあえずジャージとバッシューが欲しかったですし、
何かを始めて、ちょっと出来る様になると「もっともっと!」と身の程知らずに難しいことをやりたがってしまいます。

でも、基本的に、始める時はそこまで積極的でない、むしろ防御線を引きまくってから始めるタイプ。
…つまりは、勇気が足らない人ですね。覚悟を決めるまでに時間がかかるのです。

で、たいていの物事は、私がボーっとしている間に始まって、外堀が徐々に埋まっていき、逃げられなくなってから腹を括って本気を出すのです^^;
何にしたってそう。

限られた範囲の中の「自由」を最大限に使って、努力して「選択肢」を増やし、
その中から最善・最良と思うゴールを設定して、後はひたすら走る。
大小関係なく、勉強でも、なんでも。

生意気な見方をすれば、人間関係だってそうやって立ち位置を見定めているともいえるかも。
ゴールは設定しないけど、どの立ち位置を獲得するのが、一番気持ちが良いか考えてしまうかもしれません。
腹黒的な一面です。私なりの自衛の為の処世術。
そうでもしないと、根元が馬鹿なお人好しは良い様に流されて、使われるだけなので。

ちょっと愚痴入ってますね。
うん、週の半ばですが、少々気力が尽きてきているかもしれません。

週を追うごとに、外堀をどんどん、急速に、怖いくらいの勢いで、
埋められてきている。
それに、気付きながら、受け止めきれていない自分が嫌です。
勉強関連のことだから、外堀埋められて、大歓迎ではあるのだけど、
やっぱり、怖い。

責任や、期待が、プレッシャーとなって襲ってくるから。
いい加減、避けてはいけない歳ではあるのですが、怖い。
よい子の仮面は外さないと。子どもじゃないし。

来月から、余裕がなくなりそう。
自分のキャパに見合った事だけ、でもきっと何でも一生懸命やっちゃうから余力はほとんど残らないかもしれません。

外堀埋められているの、一つじゃないから。(そこが一番のネックだ!!)

杞憂に終わることを祈りつつ、簡単なことから片づけていこうと思います。
たった1000字程度のレポートとか!下調べとか!予復習とか!
漢検受けたいけど、準1に時間かけるより、MCASやTOEICハイスコア狙った方が遥かに簡単そう…なんて日文科らしからぬ発言!
自分の興味の対象が絞り切れていないのも一因かしら。
自問自答の日々です。

とりあえず、落ち着け私。

ではでは、後2日間、平日を頑張ってきますー

以下、コメントレスです^^

続きを読む "外堀から埋まる" »

2011.05.21

みなとみらいで一人コンサート。

17日に、みなとみらいホールで、

ロシア国立交響楽団 ジャパンツアー2011

の公演に行ってきましたshine

指揮は西本智実さんで、
曲目は、オール・チャイコフスキー
・劇付随音楽「雪姫」より3つの小品
・ピアノ協奏曲第1番
・交響曲第5番
でした。

ちなみに、アンコールもチャイコの「アンダンテ・カンタービレ」

私はチャイコのピアノコンチェルトが好きなので、シンフォニーよりもそっちをメインと思っていったに等しいです(笑

が、ちょっと私が好きなタイプの演奏ではなく、勝手に残念だなという感想を抱いてみたり。
三階席で、ステージから見たらホールの最奥と言っても良いような席だったからでしょうか、オケとピアノが噛み合っていない、連携がうまくいっていないように聞こえました。
タイミングもそうだし、細かいところの曲の解釈が擦りあわされていないような印象。
隣の席の女性は、大きな拍手を送っていたので、あくまでも個人的な感想ですが。
アリス・サラ・オットーさんのコンチェルトとは違った演奏で、聞きなれなかっただけでしょうか。

西本さんは、指揮もダイナミックで、舞台上だと女性だという侮りを受け付けないオーラを感じました。カッコいい!
静かな曲調の表現がうまいように感じました。
これからも期待です^^

コンサートに行く際に、なんとお財布を忘れて(!)軽い食事もプログラムも買えなかったという自業自得な理由も多少影響して、大満足!ではなかったですが、海外オーケストラを聴けたのは楽しかったです。
一人で行くのも楽しいですが、有名な曲であれば、普段全然聞かない人と行って感想を聞いてみたい気もします。
そういう機会ないかなー…って、興味がない人を誘うのは難しいですかね。

女子会.+*

今週の頭に、高校時代の友人たちと女子会してきましたhappy01

場所は横浜、かまどかです。

去年あたりから「女子会」プランが各飲食店で競うように企画されていますが、
今回利用したのも、その一つ。
飲み放題がついて、デザートも食べ放題、料理も色々選べるのはなかなかうまい企画かと思います。
デザートはおまけのような感じでしたが…約3000円なら妥当なメニュー構成かな、なんて最近料理に対する評価がシビアな気がします。よろしくない。それなりに美味しければ美味しいでいいですよねぇ。
ともかく、服装・雰囲気が点でバラバラな五人組で行ってきました。

アンケートに答えたらおかずが追加できます、というのに乗せられて、おかずを食べすぎたのか、釜飯やデザートがあまり食べられなかったのが残念ですが、待たされすぎず、早すぎずのタイミングで料理や飲み物がいただけたのはよかったです^^
何もなくても、ガールズトークなら退屈しないのでしょうけど(笑

お酒があまり(まったく?)強くないので、梅酒の水割りと普通のお茶とを交互に飲むようにしてました。
飲み放題のメニューが豊富なのはすごい。

mixiやらメールやらでやり取りはあっても、ある程度まとまった時間、直接会って過ごすのはやっぱり違うなぁなんて。
お酒が入ると、いろいろ遠慮がなくなるのはご愛嬌ですが、気がおけない人たちと飲むのは楽しいです!

実をいうと、進学校ではない変な高校出身なので、大学生やっているのは私だけだったのです。
多彩な道に進んだ友人の話を聞いていると、視野が広がっていいです。
学生は学生なりに頑張っていこうと思えます。
お金を稼ぐわけじゃないけど、学んで知って蓄えることはできるので。

週の始まりに元気をもらえました!ありがとう!
ちょっと豪華な女子会プラン、他のところも行ってみたくなりましたrestaurant
一人じゃいけないけどw

2011.05.15

夏の準備をば…

暦の上では「立夏」がすぎましたが、まだ一応春ですよね!
ここ数日は、蒸し暑さや長雨が交互にやってきて、梅雨を思わずにいられなかったので、春を疑わずにいられませんが。

気が付いたら、こうやって季節が変わっていくのですよね。
「春らしい陽気だ!」と思うのは実際数日のことで、後は変わり目がずーっと続いて、季節の割合が変わって次に行っているような気がします。

今も、だんだんと夏に向かっているのかな、なんて。

そう思ったので、今日は夏の準備と称して買い物してきました!

2011051516530000

靴を。

去年、3足持っていたサンダルを全部処分してしまったのです。
1足くらい残しとけば良いものを、いい感じに履き倒したからと全部。
なので、まずはサンダルを1足。

最初はグラディエーターの格好いいのにしようかと思っていたのですが、
店員さんに雰囲気があっているほうが良いと清楚な感じのサンダルを勧められ、
結局そちらにしました。

実際に履いてみたら、グラディエーターのクールさはどうも似合いませんでしたsweat01
相当の努力をしないとカッコいいお姉さんにはなれないようです。笑

もう1足は、レインブーツ。
何年か前は「え?レインブーツ?長靴のことでしょ?」なんて言ってたんですが、パンプスばかり(しかも合皮や皮やら、雨に弱いの)を履くようになった最近、雨の日に履く靴がないことに気づきまして…ついに購入。
防水加工のレインブーツ、レインパンプスって、普通のエナメル系の靴と変わらない見た目なんですね。
あえて、長靴っぽい形で「雨の日」感を出しているのもありましたが、私は雨の日以外でも履けそうなショートのレインブーツを。

ワインレッドを選んだんですが、こっちも最初は茶色を選んでいて、サイズを探してもらった際に「茶色は遠い倉庫にあるので、とりあえずこれで」と出されたワインレッドに一目ぼれ(笑)
店員さんの「私だったらこっち(赤)ですね!」の一言にも押され、ワインレッドにしました。

…こう書くと、私が店員さんの押しに弱い人みたいcoldsweats01
実際、勧められたほうを買うことが多いですけど。
似合わないと勧めないよね!と思ってつい。どうなんでしょうね?

どっちもヒールが5cmから7cm位あるのです。
夏は、なんとなく、慎重を嵩上げしたくなる季節ですsun
ちょっと背伸びしたい、ぐーっと。

早く雨降らないかな、夏来ないかな。
靴を買っただけで待ち遠しいなんて、単純ですねぇ…。

2011.05.12

研究室。

大学が始まって1週間が経ちました。
まだガイダンスばかりで、3年生になった実感も、通学のリズムも掴めていません。
が、
授業の最終追加申請や取消申請が今日明日なので、ちょっと悩みどころ。
1つ、既知の事柄が多い講義をどうしよう、なんて。
考えるのが面倒になった頃に勢いで申請するから、毎回後悔するのですよね(^^;


今学期から、学生ゼミと研究室に入ります。
必修ではないけれど、自主的に。

1つは万葉集ゼミ。
もう1つは日本語学の教授の研究室。

日本文学科の中でも、古典や日本語学は少数派。
研究室は院生や卒論の4年生が主なので、最年少です(笑

この2つの方が楽しそうで忙しそう。
逆に、これがないと暇。
卒論になって困りたくないから今から頑張ります!


しかしまぁ、なんでゼミを必修にしないのかな、我が学科は。

2011.05.10

錦糸町とオーケストラ

一昨日、初めて錦糸町に行きました。

目的は、すみだトリフォニーホールで行われた大学オケの定期演奏会。
ホールがあるから、それなりに都会…といいますか、都市的な街なのかと思いきや、何とも不思議な街です。

駅周辺は駅ビルもあるし、よくあるちょっと郊外の町、という感じなのですが北口の横断歩道を渡った先は、下町だったのかな、という雰囲気が残っていて、新旧入り混じる印象でした。
先端がかすんで見えるほど高い東京スカイツリーがオープンしたら、また変わるのかな。

お昼はホール近くのイタリアン「Terzo」(イタリア語で3rdの意味)でいただきましたが、
物価が安いのか、いろいろ工夫しているのか1000円の日替わりランチはコストパフォーマンス良いなぁと思いました。
選べるサイドメニューのスープやパンが美味しかったのは好印象。
味も合格点、かな。機会があったら、別のメニューも食べてみたいです。
イタリアンなのに、カレーとかオムライスもあったし(笑)
そういえば、洋食イタリアンだったかも。
並んで待っている人もいたから、地元でもかなり人気なようです。にぎわっていて、落ち着いてゆっくりという雰囲気ではないですが、楽しくていいかも。
テラス席はわんこ可だそうで、窓越しにかわいいなぁと眺めていました。

で、大学オケ。
すみだトリフォニー大ホールは、壁に木材(か木目調の壁材)を使用した落ち着いた内装のホール。
残響も残りすぎず、消えすぎず良いホールです。
演奏したら、さぞ気持ちよかろう…なんて演者目線で考えてしまいます。

大学オケで、震災の影響で練習が例年以下しかできなかったことを考えたら、なかなか頑張ったじゃん!と思う楽しい演奏でした。
プロオケでも指揮をしている指揮者さんが振っていて、ワルツは思わずリズムとってました。

曲目はオールロシアで、チャイコフスキーとラフマニノフ。
好きな作曲家たちなので、聴けてうれしかったです。
演奏を見ていると、どの音がどのパートなのかわかって、曲の印象が変わることも。
チャイコは華麗さの裏にしっかりとした理論があるなぁなんて。偉そうなこと言えないのですが、聞くにはいいけど弾くのは難しいと思います。
いつか一曲、私も満足に弾ける曲が欲しい!

色んな発見があった一日なので、夜になっても興奮冷めやらず、若干の寝不足で月曜を迎えたのでした(笑
出かけるってやっぱり楽しいです♪

2011.05.07

学校、始まる。

やーーーーーーーっと、学校が始まりました!

嬉しいこと限りなしです。
勉強できるって嬉しいな、と思います。根っからのがり勉人間みたいなコメント。
知らないことを知れることは楽しくて、何か発見をするとわくわくします。

…て、初日から寝坊して大慌てで行ったら、最初の講義は休講で、ゼミも教授がGW続行中なのかやってなくて、中途半端な始まり方でしたが。

例年、GW明けのキャンパスは急に空くのが恒例なのですが、今年はあちこちで人だかりが発生するGW明けです。
新入生にしてみたら、目を回してしまいそうな混雑でしょう。
教科書購入や聴講料振込の長蛇の列が例年以上な気がしました。
おまけに、建て替え工事やら地震の影響の補修・撤去工事やらで、去年までつかえた道がつかえなくなっていて、非常に不便なことこの上ありません。
慣れるしかないですね。

今年は、今まであまり縁がなかった教室棟や研究室に出入りします。
とある授業のガイダンスで「大学教授にちょっとでも興味のある有望な学生は引っ張り込みたいんですよ。教授は誰でも跡を継いでくれる人がいたらいいなぁと思っているものです」と言っていて、そう聞くと「いいなぁ、研究者の道」なんて思ってしまいます。
現実的な選択じゃないんだろうけど。

別の授業では「一年生ですか?」と話しかけられ「ごめんなさい、三年です」と答える事も。
私はそんなに初々しい…もとい、緊張MAXな雰囲気を醸し出していたのでしょうか?笑

確かに、3カ月の春休みの間に、体力落ちたなー集中力落ちたなーと思いますし、
ハードさを抑えていた先学期と比べてだいぶ忙しい時間割りを組んでいるので、不安がないと言ったら嘘になります。

でも、頑張ろうと思う。
好きなこと、納得して選んだことなら頑張れる。

たくさん学んで、たくさん遊んで、毎晩楽しかったと思える日々にしたいです。
次の日も頑張ろう、楽しみだと思える自分でいたいです。

やる気だけは、新入生に負けない!笑

2011.05.01

zoorasia

学校が始まるまであと5日…他大学や社会人の友人たちは早々に新年度をスタートさせているので、若干の焦燥感にかられるGWです。

とはいえ、せっかくですから楽しんできました!
29日、快晴の中、ズーラシアに行ってきました。

Zoorasia_20110429_123719

初めて行ったので、家族連れの子どもたちと同様に内心わくわくです(笑

象から始まり、ライオン、個性豊かなサル、鳥、カンガルーなどなど。
最奥にオカピがいるあたり、うまいですねぇ。
一周するとかなりの距離を歩きます。
お弁当やレジャーシート持参すればよかったかなぁと思いつつ、
園内の売店でオニオンリングを買って、歩き食べしてました。
じっくり見て回ること優先!

カモメとウミネコの違いとか、サルのしっぽの長さと習性とか、キジ類における雌雄の華やかさの違いとか、詳しくないので詳しくないなりに解説を読んで面白いなーと。
普段お目にかかれない動物をただ「面白い!」と見ていた小学生時代と比べて、面白いの観点が違っていますが、やっぱり面白かったです!

個性的で大きな動物が宣伝で使われていますが、
ズーラシアはお猿や鳥が多いです。見てて楽しいです。
あとは、広場で駆け回ったり、草花に目を向けるのもなかなか楽しいです。
建物も、「あ、アジアっぽい」とか「アフリカっぽい」とか工夫されているので、動物以外のところにもぜひ注目したいところ!
っていっても、小学生じゃわからないと思うので、これは中高で歴史を学んだ人の楽しみ方でしょうか?
ベビーカーに乗るような小さなお子さん連れが大半だったように思いますが、大人でも案外楽しいと思います。
上野のパンダほど行列してないですし!!(笑

帰り際にハーゲンダッツカフェで「ゾウさんカップ」(ハートパイなどでゾウさんを模しているトッピング)や「オカピコーン」という限定アイスをきっちり食べて、レジャー気分を味わいました。
16:30閉園なので、あっという間でしたが、大人も楽しいじゃないか、と動物園の認識を改めました。
また行きたいです♪

さしあたって、カモメとウミネコの見分けがつかなかったので、今度山下公園のカモメと写真で撮ったウミネコ(と思われる)を見比べてみようと思います。←

続きを読む "zoorasia" »

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »