« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.28

今更ながら1Q84

『1Q84 Book 3』村上春樹・著

を今日、やっと読みました。

1と2は去年の発売からそう経っていない頃に読んだのですが、
どうも要領を得なくて(そこが特徴なのですが)しばらくモヤモヤしたので
3は手を出さずに、タイミングを失ったままで。

2の終わり方も「終わり?」って感じでしたが、
3もまだまだ続きそうな終わり方をしていますよね。

前よりは、前後関係が分かってきた感じがしますが…。

分かる部分もあるかもしれない。
でも、分からなくて良い気もする。

主題が何だ、ストーリーが何だっていうレベルから浮き出たような作品。
全体はモヤモヤとしていて、読後は良くも悪くもない曖昧な脱力感に襲われました。
でも、細部の、
例えば煙草についてとか、食べ物とか、どんな洋服を着ていて何を聴いているのか、
東野圭吾さんあたりの小説ではあまり気を使われていない(と思われる)そう言う細かい部分は目に浮かぶようでした。
だから、余計に話の筋を説明しにくいことがもどかしい作品。

ある意味でとてもリアルさを感じます。
別の意味で非現実的です。

読み始めたら止まらないのは、止めたら居心地が悪そうだから。
今日読めたのは、宙に浮かんだ雰囲気をなんとか受け止められそうだったから。
タイミングを、選ぶ作品かもしれません。
Book1からもう一度読めと言われたら、躊躇しそうです。
答えがない問いを植え付けられそうで。

村上作品って、そういうものが多い気がします。
数えるほどしか読んでいないのですが。

Book4が出たら、私はまたそのうち、しかるべきタイミングで一気に読むと思います。
たぶん、一応の完結を見たいから。
それは積極的な動機なのか、消極的なのか…。

現代文学で春樹ワールドを研究している人のその精神力はどうなっているのだろうと首をひねる午後でした。

2010.12.27

タイムカプセル・レター

大掃除…もとい、大処分中の年末です。

手紙類を整理していたら、宛名のない封筒を見つけました。
中身を見ると、文字で埋まったルーズリーフや便箋などと、折れ曲がったハガキ。

それが何か気付いた瞬間、私は毎回思うのです。
「しまった。地雷踏んだ!!」

年に一回あるかないかの確率で見つけるこのハガキを、私はタイムカプセル・レターと呼んでいます。
もともとは小3の時に一年後の自分に向けて書いた手紙です。他愛のない質問攻めの。
それがいつの間にか、見つけたら直ぐにその時の近況と回答を書く地雷レターに。

その時々の状況や気持ちが率直に書いてあって中々楽しいのですが、いつも見つけるのが掃除中。
掃除中断で書くのです。
九歳の自分に、未来の自分に。
終わったら、掃除に便乗して見つかりにくそうなところに仕舞いこんで終わり。
そのまま忘れてしまいます。
数ヶ月か数年かしてまた繰り返し、気がつけば11年(笑

簡易タイムカプセルですね。

今日、発見して、掃除を中断。
どうやら去年見つけた際に、地雷の方を新しく書き直したみたいなのですが、古い方の手紙群しかなく、日記を見ても「隠した」とあるのみ。
新しい方が逆に見つかりませんcoldsweats01
さすが自分、見つけにくいところがよくわかってる!

新しいタイムカプセルを見つけるべく、部屋中を整理する事になりそうです。
困ったものです。

部屋に小物が多い方はやってみてはいかがでしょう?
アナログな手紙だからこそ出来る自分へのサプライズを。

追記。
新しい手紙、見つけました(笑
初めて、見つけて嬉しかったかもしれません。
次はどこにするか…未来の私との知恵比べですね。

おかげさまで、部屋がだいぶ整理できましたgood

2010.12.26

話題の断舎利じゃないけれど

クリスマスはいかがお過ごしでしたか?xmas

私はなにやらお菓子に埋もれて終わった感じがします。
作ったり、買ったりで。
作って成功したの、ジンジャーマンだけなんですけどね(笑
昨年、ディズニーストアで買ったミッキーのクッキー型を使ったのに、
膨らみ過ぎたからか、家族からは「これは熊だ」と全否定されましたcoldsweats01

レポートに追い立てられて、年末年始の実感がわきません。
そんなに必死になる必要もあるのか分かりませんが、
中途半端なのは出したくない精神がむくむくと。

いつもそうなのですけど、
勉強で頭がいっぱいになると他の事がどんどんどうでもよくなります。
大掃除していると、「これ、思い出深いけど使わないし、もういっか」とどんどん捨てたくなります。
過去にない勢いで本を処分中。一年以上読んでなかったら、もう読まないよね、うんって。
その他、服や雑貨も捨てそうな勢い。
部屋が殺伐としていきそうですsweat01

もともと、可愛げも何もないですが。
ぬいぐるみなくなったら本とCDしかないような部屋です。
自分に投資しないよねぇ、とつくづく思います。
雑貨屋さんとかアクセサリー屋さんとか見るのは好きだけど、買うことってあまりない。
買うなら、飽きがこないものか、使い捨てても良いと思うもの。

基本はシンプル主義なんでしょう。
今は、ちょっと異常だけど。
集中すると周りが見えなくなる、もとい、どうでもよくなるって、度を超すとあまりいいことではないのかもしれません。

年賀状を、書こうかどうか、本気で悩むってどうなのでしょう。
悩んでいる間に年明けて、来た人だけ返すとか。
手紙は好きなはずなのに。

無駄をそぎ落とすのも良いけれど、
その場の勢いで捨てて良いものと、良くないものがあるはず。
捨てるのも、残すのも、難しいなと思います。

2010.12.22

栄養補給。

昨日で年内の授業がすべて終了しましたshine

よって、今日から2週間の冬休みです。
6日からだなんて、地方の成人式に出ようとしている学生には酷じゃないかと思うのですが、
私は自宅生なので「なんだ、面倒だなぁ」くらいでおります。

この2週間でレポートその他の山を切り崩さなければならない訳ですが、
初日から早起き、昼寝抜きに失敗しました。

早起きは前日の夜、寝るのが遅かったせいですが、
昼寝は…3時過ぎからリビングで睡魔に完敗。
動けずにいたら、4時過ぎに帰ってきた母が買ってきたミルクパンを半分くれました。

お茶を入れるお湯を沸かしている間に、何とか起き上がって洗濯物を取り込み、
おやつにパンをrestaurant

何とか眠気も覚め、気力が戻りました。

母曰く、

「栄養足りてないんじゃない?」catface

的を射ているかもしれません。
お昼を食べ損ねたり、少なかったりすると、夕方に強烈な眠気に負けることが多いので。
あれだ、余計なエネルギー消費を抑える冬眠、みたいな。

適度に動いて、ちゃんと食べて、しっかり課題を終わらせる。

規則正しい、健康的な生活、というのは案外難しいと思ったのでした。

2010.12.20

14:14

週明けの校舎は冷えきっていて、上下左右からじわじわと身体の熱を奪われる気がします。

今日、暖かくなるって言ってなかったっけ、天気予報。

暖房が効いた教室から教室へ、朝の寒さを保ったままの廊下を足早に進みます。
冬は日が傾くのも早いから、キャンパスはいつも日陰ばかり。暖まることもなく、夜を迎えます。
校舎をむすぶ渡り廊下の一部に、ちょうどお昼過ぎの日が差す場所を見つけました。
校舎内で冷えきった身体がほんわりと温まるスポットです。

思わず立ち止まって、メール打つふりして日向ぼっこ。

色々としんどく思っていた事に、別の思わぬところから光が当たって新たな視点と力をもらった感じです。

もうちょっと頑張ってみようかな。
私を主張してみようかな。

昨夜の同窓会で思った事を再び考えた、授業前なのでした。

飲み過ぎと寝不足で、呆けていることこの上ないけど。

2010.12.15

リュックサックの出番

小柄で、どちらかといえば童顔の方なので、ふんわりを通り越してだぼだぼしたゆるい服やキャップ、リュックサックは個人的にご法度なのですが、
リュックサックだけは、高校時代に登下校の教科書の重さに耐えかねて買ったものが一つ、クローゼットの奥に押し込められています。
あまり使い勝手が良くないこともあって、半年に一度使えばいい方。

今日は、その半年に一度の日でした。

財布に定期、ケータイ、その他最低限の小物だけを入れて出かけた先は、図書館。
ぺしゃんこな背中のリュックに殆ど重さを感じずに本を探しまわり、
数十分後に出てきたときは、ずっしりと肩に食い込んでくるリュックに様変わりです。

肩かけのトートバックなどではとても持ち歩く気になれない、貸し出し制限いっぱいの6冊の単行本を入れるには、やはりリュックサック。
肩、痛いけれど。肩ひもが破れないか、若干不安だったけれど。

6冊を背負ったまま、ちょっと買い物と昼食も済ませて帰ってきました。
体に合ってない安物リュックなだけあって、さすがに、肩やら腰やらの限界を感じました。
でも、買い直したところで使わないので、結局またクローゼットの奥へ入れられてしまうのです。

次の出番は、この本たちを帰す時、か半年後、またレポートに追われ始めるころでしょうか。

これから、6冊を読んで、予約した本が来るころには3冊は用済みにしておかなければなりません。
レポートもそろそろ書き始めないといけません。

遠足帰りの幼稚園児のように、疲れたと言ってお昼寝は出来ないですね。

2010.12.12

気になって

さっきから、気になってはいたのだ。ただ、乗りこんでから立ち位置を決めるまでのわずかな間にタイミングを逃してから、そのまま。

吊り革に右手を引っ掛けて、車両が揺れるのに合わせて前後にゆうらゆうら揺れている。時折、右手でこつこつと額を叩いているけれど、目蓋は持ち上がらず、ゆうらゆうら、が、くらくら、になるくらいで、覚醒には程遠いよう。左手の新書が、前の席に座る人目がけてダイブしない事が不思議だ。
出張帰りなのだろうか。一応、黒のスーツにネクタイを締めたサラリーマン風の服装で、足の間には数泊分の着替えは入りそうな黒くてナイロン地のカバンが挟まれて置かれている。お疲れなのだろうか。土曜の夕方に、海底のワカメの如くゆうらゆうらとしているなんて。

幾つかの駅を通過していくうちに、ゆうらゆうらサラリーマンは振れ幅が大きくなって、額を叩く事も減り、ぐらぁりぐらぁりとでも言うべき揺られ方になった。男性が右手を引っ掛けているのはドア横の座席の前だから、体の半分はドア横に立つPコートの青年に倒れこむように振れている。ずっとケータイをいじっていたPコートの青年だったが、流石に画面から目を上げて、倒れてくるんじゃないかと少し身構えた。

ぐらぁりぐぅらり、止まりかけのコマのように吊革を支点に揺れて回るサラリーマン。落ちない新書。どうしたものかという青年。と、くすりと笑う私。

走行中の電車内では気付かれないかと思ったのに、Pコートの青年は笑った気配を感じたのか、反対側のドア横に立っていた私を振り返った。
まったく、すごい眠り方だよね、この人。そう言いたそうな目で青年もにやりと笑った。
そうだね、と肩をすくめようとして、お互いの視線が真正面からぶつかった。笑顔にハッとしたような真顔が混じる。

「あれ、」

Pコートの青年が声を上げた。電車が駅に滑り込み、サラリーマンがハッとして降りていった。それを視界の端に捉えながら、あれ、と私も返す。

「やっぱり、だよね、そうかなって思っていたんだけど髪型違ったから」

ドアを挟んで隣り合わせに数駅を通過し、サラリーマンをきっかけにタイミングを掴み直せた。
年に一度あるかないかの偶然の再会とは、いつもそんなものだ。
降りる駅までには、まだ十数分ある。顔を覚えておくくらいは出来るだろうか。

「前も、会ったけど話さなかったよね」

Pコートの青年にはしっかりばれていた。旧友の顔は覚えておこう、出来るだけ。

2010.12.10

秋去りぬ。

ついこの間まで、銀杏の紅葉の見事さに感心しつつ、足早に通りすぎていたのに、気がついたら未だしがみついている茶色い木の葉よりも枝の無骨な茶色さが目立つようになっていました。
冬ですねぇ。

日の出前に起きて、日没後に帰宅する日も増えました。
…今週、まともに行ったの2日だけですが(笑
過去にないサボり率。
故障続きだと、リミットギリギリまで休みそう。

あまり食べていないから、体力落ちているのかもしれません。
朝食は全体的に量が減ったし、
お昼に、調子よくないとパン二個があり得ない。ほとんど食べない日も。
夕食も朝食の二倍はないなーという量。
そのわりに、チョコ一欠片とかの間食は取るのだけど。

明らかに1000kcal前後だよねって日が多いです。
これを続けると笑えない事になるの、過去に経験済みなんですけどね(笑
受け付けないから仕方ない。

さっき、お腹空いたなと思い、食べたいものを考えたのですが、鶏の唐揚げを思い浮かべて
「ローソンの唐揚げくん一個でも多い」
と諦めました。末期!!


食べ物ネタ多くなりがちだけど、実際はこんなですよ(^^;

いつになったら、ケーキバイキングに挑戦できるのやら…。

2010.12.07

気をつけよ

用事を詰め込み過ぎて、疲れ果てた週末。
あけて、右膝を痛めた木曜日。
一週間後、微妙に残る違和感を気にして宝物を落とした土曜日。
ショックが大きすぎて元気のなかった日曜。
落ち込んだまま駆けようとして、思い切り転んだ昨日。

そして、打ち所が悪かったのか、歩くのも座るのも恐る恐るな今日。

病院に行って、骨には異常がないと分かったものの、
「これで骨折ってたら、バカだよねぇ、20歳なのに」
と思っていました。

毎週のように何かやらかして、そのミスに気を取られてまた別のミスを繰り返しています。
だんだん、重症化しているような気も。
次が、怖いですね。

昨日も1限だけでて、今日は往復3時間は無理だろう、と諦め、また、学校に行っておりません。
過去にない、サボりまくりの学期です。
生意気ながら、教授の話や振る舞いが尊敬に値しないと思うと、行く気が失せてしまうという悪い傾向ですね。
復習は、やっておりますが。

気をつけよ。
独白でも、命令形でも、とにかく物思いにとらわれないように。
目の前には、向き合わなければならないことがいっぱいあるのだから。

2010.12.06

つるん

1限だけ出て、投げ遣りな気分になって学校を後にした。

駅のホーム行きエスカレーターから降りて、踏み出した数歩目で滑った。
マンガみたいに滑った。

左太ももと左手のひらがじんじんする。

サボった罰かしら。
ホームの端でなくて良かった…のかな。

2010.12.05

hurt a heart

今一番の宝物をどこかに落としてしまいました。

いつも身につけていただけに、ショックが大きくて、放心状態です。

落としてしまったものが戻ってくる確率は、そう高くないだけに、自責の念が大きくて。

自責の理由が出来てしまったことで、
歯止めが利かなくなって、
ちょっと、危ない。

壊れていっている気がする。
変なのかもしれない。
もとからちょっとずつ変だったけど。

自分で、自分が分からない。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »