« 2010年3月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.31

帰国して10日。

20日に帰国してました^^;
更新してなくてすみません…。

日本は…蒸し暑いですね!!
何という残暑の激しさ。朝晩も全く涼しくない熱帯夜。
日中の気温は、スペインの方がよっぽど暑いですが、不快指数は日本の圧勝ですね。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今日は絵ハガキの話でも。

高校生時代、味気ない自分のロッカーに絵ハガキを貼ったのをきっかけに、絵ハガキ集めが趣味となっています。

高校生の時に買い集めた、季節ごとの花や風景、グリーティングカードの数々、
出張の多い父や、旅行に行く友達に頼んで買ってきてもらった数々、
自分で旅行に行って買ってきた数々…

とかなりの枚数になってきました。

特に多いのが、父に買ってきてもらった絵ハガキ。
頼みやすいし、地域の特色が出るから、と最初に頼んで以来、どこかに行くたびに買ってきてくれます。
綺麗なのが多い、というのと、たぶん、安いからなんでしょうね。

日本では150~170円位が平均の絵ハガキ。
アジアやアメリカは存じませんが、ヨーロッパでは日本円で30~60円位が相場です。
相当、安いです。

日本の絵ハガキの方が凝っているなーというものが多いですが、
どこかにいった記念に…と買うなら、ヨーロッパの国々の方が安いし種類が豊富です。

手紙を送る文化の違いなのかなんなのか。

そうとう溜めこんでいるけど、本当は旅先から誰かに送ってみたいし、送られてみたい。
ネットや電話が普及しているけど、手書きの一言が添えられた絵ハガキは、送った人の気持ちそのものが絵に託されているような気がして、好きですloveletter

しばらく会っていない人に、メールじゃなくて手紙を送ってみようかな。

絵ハガキを眺めてそんなことを思う今日この頃です。
年賀状だけなんて、もったいない気がします。

2010.08.18

ホームズ

ホームズ
ロンドンはベイカー街にやってきました(`・ω・)b

博物館に行くと、ホームズシリーズをもう一度読みたくなります。
写真は地下鉄のホーム。
ホームズのモザイクでホームズができてます(笑

2010.08.16

el Bulli

エルブジという創作スペイン料理を出す有名レストラン
の料理が食べられるセビーリャ郊外のホテルに泊まりました。

メニューだけじゃ何かわからない料理をコースでいただきました。
一番の衝撃…スイカは焼きます。←

食べ過ぎた翌朝、同じレストランで約4000円の朝食をきっちり食べ過ぎました(笑
以降、1日2食体制。シエスタ万歳\(^^)/

飲み物は
「すーもでならんは(オレンジジュース)」と
「カフェコンレチェ(Coffee with milk)」と
「あぐあしんがす(炭酸なしの水)」がお友達。
だいたいどのお店にも、オレンジ絞る機械がありますb
あと、スペインでのカフェはエスプレッソなのです。
ドリップコーヒーは「スタルバックス(STARBACKS)」とか行かなきゃないようで。

さてさて、明日からはロンドン行きます(o・・o)/~
英語ならもう少し解る!はず!!

2010.08.14

コルドバのメスキータ・カテドラル(大聖堂)

コルドバのメスキータ・カテドラル(大聖堂)
アルハンブラ宮殿があったグラナダから、コルドバに移動しました(o・・o)/~

町と町の間に何もないのが不思議。
荒野か、オリーブ畑か、向日葵畑か…
その中をほぼ真っ直ぐな高速道路が通っています。

コルドバは旧市街の大聖堂等が世界遺産だとか。
トレドのそれには敵いませんが、堂々たるものでした。

暑すぎて、見学直後にアイス屋さんに直行しました(´・ω・)
食べ過ぎ黄色信号がそろそろ赤くなりそう…

2010.08.13

アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿
アルハンブラ宮殿
予備知識ほぼ0でやってきましたアルハンブラ。

時間指定の入場制限がありました(^^;
色んな言語が聞こえてきましたよ。
スペイン語イタリア語日本語スペイン語中国語韓国語フランス語日本語スペイン語…

日本人多かったです。

朝と夜の二回入ったので、風景の違いをば。

2010.08.12

瀕死。

夏葡さん瀕死のお知らせ。

空腹×多少の疲労×ウォッカのオレンジジュース割り

(´・ω・`)/~~


お花畑が見えかけました。
本気で飲んだ事を後悔した一杯。
馬鹿だよー。

2010.08.11

SOL広場

SOL広場
この木に寄り掛かった熊がマドリッドのシンボルだそう。
その割には像が小さいけど。

今日は、日向が、46℃です。
日陰はもう少しマシ。
乾燥が敵です(´Д`)

王宮とパエリア

王宮とパエリア
王宮とパエリア
マドリッドの王宮を訪れました。


顔パスで学生(子供?)料金。←
武器の展示がなかなか騎士道の威厳を感じました。

音楽好きに嬉しかったのが、ストラディバリウスの展示!!
密かにテンション上がりました。
駒や弦は最近のでしたが。

お昼は3時頃にパエリア食べました。
写真は魚介の4人前。
写真では分かりにくいですが、かなりの量です(´Д`)
美味しいけど、美味しいけどね!!
これの他にも前菜とデザート付き。
多いねーって食べている横で、3人で余裕の面持ちで食べるエスパニョール家族…
胃の構造が違うようです(笑

2010.08.10

Arrived @ Madrid

ロンドン経由でスペインはマドリッドに着きました(・ω・´)
ロンドンまで12h+乗り換え2h+マドリッドへ2h
こう書くと長い…。

機内で映画を4作観ました。
「ダーリンは外国人」が今日のベスト(*・∪・)ノ

ロンドンまではJALで、
マドリッドまではイベリア航空だったのですが、
離陸までで文化の差を感じます。

乗ったら自然とシートベルトしている人が多いJAL。
シートベルト締めて下さいとアナウンスされて、あちこちでカチカチと音がするイベリア。(スペイン人が大半)

イベリアで着用サインが点いていない時に少し揺れたのですが、
「何だったんだ」とか口々に言いながら、
慌ててカチカチと締める音が多数。

…サインが消えたら外してたのね(笑
そういえば、出来るだけ外すなとは言われなかったわ。


スペインの入国審査がとってもアバウトで、それも面白かったです。
訊かれたのがスペイン語で「キミ、○○(本名)?」だけ。
名前が珍しかったのか、写真と顔が違い過ぎたのか…
「そう、○○」と答えたら、ふぅんって顔で入国スタンプ捺してくれました。
滞在期間とかは…?


今、マドリッドは9日の夜11時。
父の社宅に着いたら、まず寝ようと思います。

2010.08.08

昔々の交換日記

10年以上前のファイルを、クローゼットの中から見つけた。

厚紙で出来たファイルには大小さまざまなサイズのノートが収まりきらずに飛び出していた。

その一冊一冊に、拙い字で書いたメモが貼ってある。例えばこう。

「4さつ目 おわった日20XX年1124日(水)」


中をめくると、色ペンで「3日以内にまわそう」の文字。

そう、小学生のころ仲の良い数人でやっていた交換日記のノートたち。日記らしい事を書くのは稀で、イラストで埋まっている。

学校で毎日のように会っていたから、日常の報告なんていらなかったのだろう。あったとして、誰それの言動に困ったとか先生が厳しかったというような愚痴の類、行事の感想などだった。そして、面と向かって話せないからこそ、恋バナが幅を利かせていた。好きか嫌いか、告白するかしないかで延々と盛り上がるのを読んでいると、可愛らしすぎて10年後のこちらの方が恥ずかしくなる。

そんな青春の塊のようなノートを捲っていくうちに、忘れかけていた私と対面した。

「ボク」という私。

ボクと言う一方で、誰がカッコいい、誰が好きと盛り上がる私。

負けず嫌いで、見栄っ張りで、でも自信のない私。

それを誤魔化してぼかしてくれる「ボク」。

そう、私は「ボク」だった。「ボク」と言って強いんだって、走り回った。スカートも赤も嫌い、ズボンや水色が好き。放課後はコンビニで肉まんとピザまん買って、秘密基地に走って、遊び疲れて肉まんが冷めた頃に友達と並んでパクついた。

 自然が少ない町。雑木林や空き地が減る一方、一軒家が狭い敷地に立ち並んで、マンションが年々増えていく町の中、小さな存在だった私は少しでも背伸びしたくて「ボク」で過ごした。

 今もまだ、私は同じ町にいる。秘密基地だった木々や林は無くなってしまった。もう「ボク」と言う事もないし、ズボンや水色よりは、スカートや赤が多い。

「ボク」だった私が見たら、目を丸くするだろうか。いや、ほっと溜息をつくのではないだろうか。「ボク」は自然体で「わたし」という人に憧れていたのだから。

毎日、必死だったなぁ…「ボク」なりに。

 ただひたすら微笑ましくて、大人のつもりだったのが幼すぎて、可愛いと思ってノートを閉じた。

あれから10年。そろそろ小学校に埋めたタイムカプセルが開かれよう。

懐かしい「ボク」が待ってる。

懐かしむ「わたし」が待ってる。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年9月 »