« 唐突に春。 | トップページ | Chile »

2010.02.22

if,

もし、1年前に別の大学に進んでいたら?
もし、4年前の初めての受験で違う高校を選んでいたら?
もし、5年前のあのころ、一度でもT字路を曲がっていたら?
もし、周りに流されて中学受験をしていたら?
もし、引っ越さなかったら?
もし、帰国しなかったら?

もし、と考えることは止められない。
仮にあの時選ばなかった選択肢を選び直せたとしたら、私はどうなっているだろう?
そう考えずにはいられない。
今が辛くても、今が幸せでも、選ばなかった道にもっと良いことが待っていたのではないかと、高望みしたくなる。

人生は切り替えポイントが無数にある線路だから、
毎日、私たちは知らぬままポイントを通過していて、
その多くは通過してしばらくしてから通過していたことを知るのだと思う。
その時は、もう後悔しても遅い。

ありのまま、どんな今も受け止めていけたら良いのだろうけど、
受け止めるのに必死になるあまり、色んな事をキャッチしていたアンテナが錆ついて使い物にならなくなりそうで。
たまに現実を隅に追いやっておいて、考えたくなる。
列車の先頭車両じゃなくて、最後尾のデッキ車両へ。
前に進みながら流れる景色を見る時間へ。

もし、もしも…

問いかけて想像する。
でも、結局は選ばなかった選択肢たちだから、そこにリアリティは見いだせない。
選んできた道を進んできたからこそ、出会えた私がいる。人がいる。場所がある。

苦しい時も、最後はその出会いの奇跡を思って空想を終わらせる。
もし、と思うことは、薬に頼りたくない私の最善の解決法なのかもしれない。

« 唐突に春。 | トップページ | Chile »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/157152/33483876

この記事へのトラックバック一覧です: if,:

« 唐突に春。 | トップページ | Chile »