« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.23

ひとり。

ちょっと、昔の話を。ふと思い出したのでconfident

幼いころは、ひとりでいることが多かったように思います。

それは、外国にいたから。珍しいアジア人が外で遊べる場ではなかったから。
今は、少しは違うのかもしれませんが、彼の地はそうでした。

帰国してからも、ま、根がぼーっとしているのでしょうねcoldsweats01
よくひとりでした。幼稚園のバス通園もありますがbus
帰ってからはあまり外に出なかったので、
マンガも、ゲームも、それと認知したのは小学校上がってからでしたね。
当時、まともに流行りに乗れたのは…ポケモンくらいでしょうか?

色々紆余曲折あって、
人見知りが激しいながらも、友達もできて、
毎日それなりにいつも楽しくて、

でも、たまに何かあって、

私はひとりで生きていかなきゃいけないんじゃないか、とか

私はひとりで生きられるようになるべきだ、とか

思ってしまうこともあって。
無意識のうちに思い込んでいたこともあって。

一番大きい葛藤は、高2の時ですが…sweat01
あの葛藤は数カ月続いたのだっけ。
周りに相当迷惑をかけましたが、

私は、無茶なことをやろうとして頑張りすぎていたのかもしれない

と思うに至り、
その後、当時の数学の先生に「一皮剥けたわねーshine」と言われるほど
私の中で何かが変わって…

今に至る。catface

ひとりで平気だと、
私はずっとひとりだったから大丈夫だと、

思い聞かせていたけれど、

どうも、そうじゃないようですcatface
というか、ひとりきりでずっと、はかなり無理なようですdespair
人はひとりじゃ生きられないって、気付いた人に金メダルを贈呈したい。

マンモスな大学の中、
必要以上に群れるのを避ける私が、
そう思っているというのも、変な話。

うーんと、物理的に「いつも一緒」って言うのは嫌だけど、
目に見えない「絆」とでも言うべきつながりは持っていたい
ということなのかな?

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »